油断した頃に中身違いに遭遇する

CDの中身が違っているということはたまにあります。
大概は出品する前に気づくのですが、
運が悪いと必死に研磨した後に
「あれ?違くね?」
と気づく場合もあります。

最も分かりにくいのは
同タイトルで複数出ているもの。
ジャニーズのシングルせどりでは
避けて通れないところです。

それ以外にはコピーコントロールCDだった作品でたまに起こります。
恐らく前所有者が通常CD再発の際に買い直したのでしょう。
不要になったCCCDを売却する際に、
発売が後で少しは高く売れるのではないかと、
再発盤のケースに入れ替えて店に売った…。
そんな経緯が推測されますが、
これはタイトルが同じなので気づきにくいです。

ただ先日引っかかったのはもっと初歩的なやつで…(笑)
商品そのものがまるで違うものでした。
何故研磨を終えるまで気づかなかったのか…。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする