値下がり2

昨年末にも取り上げましたが、
最近の値下がりペースは早くなってますね。

本当にレアな商品は常に一定の相場ですが、
そうでもない商品は損切り、もしくは薄利というのも増えました。
在庫500前後のうちで20くらいは売れても損という感じですね。
以前は2,3程度だったんですが、
やはり増加傾向ですね。
損じゃなくても数百円の利益で早急に売れる予定だったものが、
数十円の利益でなかなか売れないとか。

以前はamashowの相場変動やランク変動を参照していなかったので、
判断を誤って仕入れていたものもあるのでこういった現状なんですが、
それとは無関係な価格破壊はやはり以前もやられた相場クラッシャーの存在ですね。

最近やられたのは相場確実と踏んで
950円で購入した某CDを3500円で出品したら
翌日に「ネットオ●」が980円で出品してきやがって、
乗せられた自動価格改定FBA2組も下げてしまい相場崩壊です。
ランクが20万台なので、これはもうダメです。
あきらめました。

待つべき商品は無視して待ちますが、
こういうどうしようもない状況では大損してでも徹底的に価格下げて捨て売りすることもあります。
邪魔ですし、損してもブックオフに再度売りに行くよりは利益になりますので。
それにすらならないものは出品終了してブックオフ送りにしますけどね。

基本は待ってれば売れるんだから無茶な争いをする価格改定ソフトの自動作動や
空気の読めない価格破壊は本当に勘弁してほしいです。
コメントでどうにかできる場合は問題ないですが、
こっちのコンディションが悪い(傷が消えなかった)と待つか合わせるしかないですからね。
まあ帯の有無や傷の有無を書かない出品者も多いですから、
傷ありCDでも実際は自分の商品の方がコンディションが良かったりもするんでしょうけど。

そういう意味では正直なコメントが仇になる事もあるんですよねぇ…。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする