一方通行メール

この記事は1分で読めます

先日、返品の依頼がありまして。
完全な購入者都合でした。

返品は直接メールで依頼されてくるパターンしか経験が無かったのですが、
いつの間にかAmazonの機能が充実していたのか、
返品の申請機能を使ってこられました。

これに承認で返すと、
Amazonから購入者に返品用のこちらの住所を記載したメールが届き、
それを印刷して送り返せばいいという仕組みです。

何故かこの時点で2件申請されていたのですが、
まあ慌てて間違えたのだろうなと思い、承認。

しかし、その後は一向に返送されてくる気配が無く、
購入者さんから

・クレジットか銀行口座に返金したら連絡をくれ
・返品を希望します

と内容が同じメールが連日にわたって届く怪現象が…。
こちらがいくら返信しても会話になっていません。

これは購入者がメールを確認できていない状況です。
このパターンはよくあります。
メールドアレスが間違っているか、
Amazonからのメールが迷惑メール行きになってるんですね…。

こういう相手に限って
「メールは直接こちらにお願いします」と自分のメルアドを書いてくるんですが、
Amazonのシステムでアドレス関係は自動削除されます。
Amazonを通さずに勝手にやり取りされると、
トラブった時にAmazonが第三者的立場で状況判断ができなくなるからです。

そんなわけでお手上げ(汗)
仕方ないのでAmazonに、
明らかにこれはメールが一方通行だけどどうすればいいか、と
問い合わせてみました。

どういう方法を使ったのか分かりませんが、
これでようやくメールが通じるようになり、
事なきを得ました。

メールが一方通行になってしまうトラブルは、
メール便不着の確率より今のところ高いです(汗)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2013 10.08

    トラブル連発

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

名前:はじめ。85年生まれ。大卒→専門学校進学を経て就職したものの、入社半年も経たずにうつ病になり退職。以降、再就職はおろかバイトにすら採用されず失望の日々を過ごす。そんな中、ふとした拍子にネットビジネスの事を知り、どうせ失うものは何もないのだからと「せどり」に挑戦。現在は月に40~50万前後の売上をキープしています。

プロフィール

ご質問、ご相談はこちらから お気軽にご連絡ください!

お問い合わせはこちら

メルマガスタート!

最新情報を無料メルマガにてお届けしております!

登録特典「売れたリスト15(解説付)無料プレゼント!

メルマガ登録はこちら

検索ツールの決定版