安い商品に限って悪い評価が入りやすい

問題があった場合は仕方ないのですが、
問題が無い場合の低評価、これが地味に厄介です。

わりと安物(数百円とか)に限ってそういう評価が入りやすいと感じています。
特に最安値で売った商品になるとさらに確率が上がる感じです。

Amazonの評価システムは
普通だと思って3にすると全体のパーセントが下がってしまいます。
慣れていない購入者は特にこういうことをしがちです。
思い返せば購入者オンリーだった時代にそんなことをした記憶も…(苦笑)

で、そういう購入初心者は
あまり文章も読まずに1番安いのを買う人が多いので、
こういうことが起こりやすくなるんだと思います。

あまりに困る場合は、わざわざメールして訂正をお願いしたりもしますが、
先日のケースでは

「Amazonマーケッ​トプレイスへのEメー​ルについて」

でした(笑)

これは

* 購入者が登録しているEメールアドレスに誤りがある
* 購入者のEメールクライアントのメールボックスが一杯である
* 購入者がEメールの受信設定をしている

といった場合に起こる現象です。
つまり相手にメールが届いていません。
厳密にはAmazonのアカウント内では確認できますが、
ここまで確認する購入者はそんなにいないです。
この状態で返信が来る事はほぼありません。

安い商品やオール最安狙いだと
こういう弊害もあったりします。

もちろん定価より高い商品での「非常に良い」は相当シビアで、
事実上「ほぼ新品」でないとクレームがつきやすくなります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. Mayhem より:

    >先日のケースでは
    >「Amazonマーケッ​トプレイスへのEメー​ルについて」
    >でした(笑)

    すいません、ちょっとここの意味が分かりませんでした。
    購入者から、AmazonのEメールのシステムについて
    クレームが来たということですか?

    • hajime より:

      あ、これはですね…

      購入者にメールを送った際に相手のアドレスが間違っているか、受信BOXがいっぱい、
      いずれにせよメールが相手に届かなかった場合
      「Amazonマーケッ​トプレイスへのEメー​ルについて」
      と題されたメールでその旨のお知らせが届くんです。

      Amazonアカウント内では記録が残るので相手がAmazonアカウント内の該当ページにやってくれば確認ができるんですが、
      そもそもそれ自体が知られていないので、
      基本的にこうなった相手とはメールのやり取りができないので非常に厄介です。

      10件送れば1件はこんな人がいます。

  2. Mayhem より:

    なるほど。
    今までそういう事はなかったので、自分も初めて知りました。
    詳しい説明、ありがとうございました。