「ほぼ新品」の使い勝手の悪さ

この記事は2分で読めます

先日のクレームの件でもそうでしたが、
Amazonにおけるコンディションガイドラインに沿った判断と
実際に求められる品質には差があります
出品側だけでなく購入側の意識がそうなっています。

新品同様に綺麗→非常に良い

帯なし→良い
ブックレットの細かいところに使用感→良い
(ケース爪痕や折れ、色あせなど)
盤面に若干キズ→良い

ブックレットの使用感が酷い→可
盤面に目立つキズ→可
レンタル落ち→可

実際のところ、暗黙的にこういう感じになっているように感じます。
「良い」の範囲が実際のガイドラインよりも上に広いです。
ガイドライン上では「非常に良い」でもOKのはずの商品でも、
「良い」にしておかないとクレームの危険性がかなり高くなると見ていいでしょう。

たまに傷があったり、帯が無いのに「非常に良い」な出品者もいますが、
大丈夫なのかと心配になります。
実際はほぼ7割くらいは大丈夫だと思いますが、
多く売っていけば確実に前回書いたようなトラブルに遭遇します。
評価を98%以上に保つのは厳しいでしょう。

「非常に良い」に求められる品質が実質的に「ほぼ新品」になっています

「ほぼ新品」の出品者がほとんどいない現状からも
「ほぼ新品」とはいったいなんなのか?という感じは常にあります。

「ほぼ新品」が最も使われているのは
握手券参加券や生写真などの封入特典を抜いただけのアイドルのCDなんじゃないでしょうか。
実例→こちら

「ほぼ新品」は極めて限定的なコンディション表記と化しています。
「1度(もしくは数度)しか開封していませんので新品同様です」というのが大概の決まり文句です。
「非常に良い」が「ほぼ新品」の領域に完全に足を突っ込んでいるので、
差別化する方法がそれくらいしか無くなっているのです。

少なくとも中古で仕入れてきた商品には「ほぼ新品」はほとんど使えないといっていいでしょう。
最も多い上記のようなケースは購入した本人が売りに出したものです。
購入してから1度開けただけとかが分かるのは買った本人だけなのですから。

「非常に良い」でもシビアなのに「ほぼ新品」なんて
いくら状態がいいと思っていてもリスクを高めるだけのように感じています。

先日紹介したクレーム例のうちブックレットに色あせがとかCDにキズがだのと
かなり入念にチェックしていてもこちらが気づかないほど細かいところを突いてくるのは
主に定価越え商品の購入者になってきます。

高い金を払っているのだから当然なのですが、
だったら新品で買えよと言いたくなる事もあります。
正直なところ、どこまで行っても中古は中古なんですけど、
過去の購入経験で「ほぼ新品」のようなものにばかり
たまたま当たっていたような購入者になるとどうしようもないです。
「非常に良い」に対する感覚がそれで出来上がってしまっているので。

高額商品に関してはシビアにシビアを突きつめるしかありません。
本来は「非常に良い」でも十分な商品であっても、
「ほぼ新品」には見えないかもしれないと判断すれば
「良い」程度にしておくのが無難な事もあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2012 11.20

    リサーチ一例

  2. 2013 04.30

    VHSの取り扱い

  3. 2013 03.11

    卒業需要

    • Mayhem
    • 2013年 10月14日

    >「ほぼ新品」の出品者がほとんどいない現状からも
    >「ほぼ新品」とはいったいなんなのか?という感じは常にあります。

    確かに、「ほぼ新品」だと中古というイメージが湧きにくいですからね……。
    いっそ、アルファベットでA~Dとかの表記にしてくれたらいいんですが。

    >2010年頃は購入者を評価できるシステムがあったような記憶があります。

    そうなんですか。
    せどりを始めたのは2012年からなので、知りませんでした。
    できれば復活してほしいですね……。

      • hajime
      • 2013年 10月15日

      disk unionのランクは未開封をSとしてA~Cでランク付けしてますが、
      購入して見て感じるのはAまでは傷が皆無、Bでちょこっとあり、Cは期待しない方がいいレベルです。
      こういう表記の方が分かりやすいですよね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

名前:はじめ。85年生まれ。大卒→専門学校進学を経て就職したものの、入社半年も経たずにうつ病になり退職。以降、再就職はおろかバイトにすら採用されず失望の日々を過ごす。そんな中、ふとした拍子にネットビジネスの事を知り、どうせ失うものは何もないのだからと「せどり」に挑戦。現在は月に40~50万前後の売上をキープしています。

プロフィール

ご質問、ご相談はこちらから お気軽にご連絡ください!

お問い合わせはこちら

メルマガスタート!

最新情報を無料メルマガにてお届けしております!

登録特典「売れたリスト15(解説付)無料プレゼント!

メルマガ登録はこちら

検索ツールの決定版