コメント勝負する際の危険性

この記事は2分で読めます

「非常に良い」=事実上「ほぼ新品」が求められる、
といったことを先日書きましたが、
一方で「非常に良い」でのコメント勝負では
他出品者をぶち抜いて高値で売る事ができるという利点も存在します。
まあ「良い」でもコメント勝負でぶち抜けますけどね。

あ、あとこれ言っておきたいんですが、
この手の話になるとFBAである事が前提のように言われていますが
この手の話を発信をしているせどらーがみんなFBAなだけで、
FBA一切不使用な私でもFBAをぶち抜いて売れることは多々あります

気をつけるべきは
コメント勝負で買ってくれるお客さんは基本的に品質重視です。
そういったターゲット設定をしているんだという自覚を持つ必要があります。
なんとなく状態が良さげだから上に構えていよう、という軽い気持ちでいると
足元をすくわれることになります。

このターゲットでもあくまで中古品である前提を理解している購入者の方が当然多いです。
でも運が悪いと「だったら新品買えよ!こっちはあくまで中古だぞ!」と言いたくなるような購入者に当たります。

前回書いたような「ほぼ新品」のような「非常に良い」でないと
せっかく高い金を払ったのにこんな程度かと怒りを買う事もあります。
経験上、私もその手のクレームは数回程度しかありません。
しかしこれは出品側になる前の購入側だった時代に、
何となくそういった感覚が出来上がっていたので
販売を始めた初期から「非常に良い」=「実質ほぼ新品」を意識していた、
という前提が入ります。

Amazonで購入した経験があまり無い人や、
中古品は結局中古品じゃないか、
と思っている方にはピンと来ないかもしれません。
教材なんかでもその点のリスクに触れるのはあまり見た事が無いです。

ですが、この点を理解せずになんでもかんでも「非常に良い」で
出しまくっていると立て続けのクレーム続き!なんてことも起こり得ます。
起きない時は起きないんですが起こる時は前回書いたように立て続けに起こって
正直ちょっとへこむことになります。

コメント勝負で高く構える場合はシビアすぎるくらいがちょうどいいです。
特に評価98%とか99%をを保ちたいのであれば。
95~97%程度までだと普通にしてれば一時的に落としても問題なくキープできますけどね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2012 09.21

    誰もがスルー

  2. 2012 08.07

    研磨機SIMO-R1

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

名前:はじめ。85年生まれ。大卒→専門学校進学を経て就職したものの、入社半年も経たずにうつ病になり退職。以降、再就職はおろかバイトにすら採用されず失望の日々を過ごす。そんな中、ふとした拍子にネットビジネスの事を知り、どうせ失うものは何もないのだからと「せどり」に挑戦。現在は月に40~50万前後の売上をキープしています。

プロフィール

ご質問、ご相談はこちらから お気軽にご連絡ください!

お問い合わせはこちら

メルマガスタート!

最新情報を無料メルマガにてお届けしております!

登録特典「売れたリスト15(解説付)無料プレゼント!

メルマガ登録はこちら

検索ツールの決定版