一方通行不着トラブルが2件相次ぐ

この記事は2分で読めます

2012年12月からメルマガの配信を開始しています。
メルマガ登録特典として期間限定で
「最近売れたリスト15」(解説付き)もプレゼントしています。
メルマガ限定の情報もあるので是非ご登録ください。

⇒登録はこちら

まだあと1日ありますが、今月あった主なトラブルは不着が2件でした。

住所不備により商品が戻ってきてしまうものです。

普段であればそれをお知らせするメールを送る
→正しい住所を教えてもらう
→再発送

こういう手順を踏みます。

厳密には規約では配送して戻ってきたなら
速攻キャンセルしちゃってもいいんですが、
配送料だけ取られる出品者に逆ギレされても困りますからね。

ただ今回は2件ともそれが叶いませんでした。

まず1つは
配送前の時点で住所がおかしいので
確認メールを送っているのに返事がない。

届く場合もあるので半信半疑で配送したらやっぱり返送。

何度メールしても返事がないのでキャンセル。
この際は全額を返金しました。

ぶっちゃけ操作ミスです(苦笑)
配送料まで返金する必要なかったです。

すると処理完了後に
何故か商品不着による保証申請が!!

はぁ!?

というわけで明らかに届いてないと思われる説明メールを繰り返して
速攻却下!!

念のためAmazonにもメールを送りました。

するとメールアドレス間違い等でエラーになっているわけではないので、
Amazonから連絡を働きかける事はしないとのこと。

しかしこちらの対応は正しく、
明らかに向こうが対応を間違えているので、
申請を却下したら後は特に何もしなくてもいいということでした。

もう1つは発送直後に相手から
「住所間違えた」とメールが。

なので「もう発送してしまったので、
戻ってきたら再発送します。
正しい住所をお知らせください。」

これまた繰り返しメールしても返事無し。
商品は戻ってきた挙句にケース割れを喰らっている(苦笑)
その上、返事はないというやってられない状況に。

今度は配送料は返金できないとした上で、
商品代金だけ返金しました。

メールアドレスが間違っているとエラーになりますが、
合っていても迷惑メール送りになっていたり、
そもそもそのアドレスを放置して確認していないと、
当然メールが読まれることがありません。

今回は2件ともメールが一方通行でした。
このような一方通行トラブルは定期的に起こります。

しかしそれを相手に知らせる術がありません。
厄介なものです。


今人気のせどりブログは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2012 07.30

    夏といえば

  2. 2012 11.20

    リサーチ一例

    • Mayhem
    • 2014年 2月1日

    >配送料まで返金する必要なかったです。

    自分も以前、同じことやっちゃいました。
    まあ、大した額ではないんですが、妙に損した気分でした(笑)。

      • はじめ
      • 2014年 2月1日

      相手にしてみたら商品届かない、連絡も無い状態なわけで、
      その上で配送料取られたとか逆ギレしてこられても困りますからね。
      全額返金の方が揉めなくて済む場合もあるんじゃないでしょうか。

      今回のケースではとにかく相手に何も伝わってないので、
      ちょっと不安はあります。

      コンビニ払いとかだと確かAmazonギフトでの返金になるらしいですが、
      Amazonからの通知が見れてないわけですから、
      返金されたことすら知らないでしょうし。

      まあそこまでは面倒見切れないですけどね、正直なところ。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

名前:はじめ。85年生まれ。大卒→専門学校進学を経て就職したものの、入社半年も経たずにうつ病になり退職。以降、再就職はおろかバイトにすら採用されず失望の日々を過ごす。そんな中、ふとした拍子にネットビジネスの事を知り、どうせ失うものは何もないのだからと「せどり」に挑戦。現在は月に40~50万前後の売上をキープしています。

プロフィール

ご質問、ご相談はこちらから お気軽にご連絡ください!

お問い合わせはこちら

メルマガスタート!

最新情報を無料メルマガにてお届けしております!

登録特典「売れたリスト15(解説付)無料プレゼント!

メルマガ登録はこちら

検索ツールの決定版