薄利ってどこから薄利?

2012年12月からメルマガの配信を開始しています。
メルマガ登録特典として期間限定で
「最近売れたリスト15」(解説付き)もプレゼントしています。
メルマガ限定の情報もあるので是非ご登録ください。

⇒登録はこちら

時折出しております「薄利」という言葉。
要するに「利益の薄い事」(from辞書)なわけです。

その「利益が薄い」とはじゃあどのくらいなのか?

この感覚が人によって違うんじゃないか?

先日某所にて100円仕入れが1000円ちょいで売れたのを
薄利と断言している文面を見かけました。

私にとってこれは薄利の範疇に入りません。

薄利は
利益にして500円以下くらいを想定しています。

もしかしたら100円以下を薄利という人もいるかもしれませんね。

700円とか800円の利益が出てくれば、
そんなに薄利という気はしませんし、
1000円の利益を越えれば「普通」です。

ですが3000円で仕入れ、4000円で売れて利益1000円、
これだと薄利な気がしてきます。
(※実際には手数料が引かれるので4000円で売れると利益は3ケタになります)

さらに値下げ合戦により当初想定した利益を大幅に下回ると、
十分な利益が出ているにも関わらず「薄利だった」と思ってしまったりします。

何気なく「薄利」と使っていましたが、
「薄利」のイメージは人によってもかなり違うのではないか?
さらに条件によっても違うのではないか?

そんな気がしてきました。

みなさんにとって薄利の基準はどうでしょうか?


今人気のせどりブログは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする