今度は削除不可

2012年12月からメルマガの配信を開始しています。
メルマガ登録特典として期間限定で
「最近売れたリスト15」(解説付き)もプレゼントしています。
メルマガ限定の情報もあるので是非ご登録ください。

⇒登録はこちら

「通常郵便より遅く近いのに送料高くて不満。品物は満足。」

これで評価3喰らいました。

遅いというところなんですが…

8日注文、9日発送、12日到着です。
メール便発送においては極めてスタンダードです。

それどころか、
Amazonが勝手に表示する「発送予定」の最終日が12日でした(苦笑)

これを遅いと言われてもお前は何を期待してるんだ?という話です。
Amazon発送でもまあこのくらいかかります。メール便なら。

さらに送料への不満。

A m a z o n に 言 っ て く れ …

というわけでまたしてもAmazonへ削除依頼です。

しかし今回はAmazonでの削除要件を満たさないとのこと…。

発送は予定通りどころか予定より格段に早い、
商品自体は良かったと本人がおっしゃってる、
送料に関してはAmazonのシステムの問題…。

こちらには何ら落ち度がありません。
今回は機械的なAmazon対応にしてやられる結果となりました。

とりあえず発送遅れは無いし、
送料は一律である旨を説明するメールを
この購入者に送りました。

返事はありませんでしたが、
奇跡的に削除してもらえました。

ただこういう民度の低い客には、
基本火に油を注ぐだけになる可能性も高いです。

とはいえ、評価は修正できません。
残すか削除だけなので、
ここで客がどう反応しようともう問題は無いのです。

むしろこういう客に
もう1度買われて同じ事される方が迷惑ですので、
なんだこの野郎もう絶対買うかよ!とか
思われても問題はありません。

「削除してくれればラッキー」
この一択なので、
ガイドラインに抵触しなければある程度強気にも出れます。

こういった民度の低いお客さんは、
安物の時によく現れます。

安物というか薄利多売を嫌う人がいるのは、
こういう相手をするのがめんどいからなんですね。

かといって過度に値上げして構えていても、
ターゲットをかなり絞っているのでなかなか売れません。

在庫多いのに売れない人っていうのは、
1つにこのパターンが当てはまります。

分かってるお客さんだけ相手にするので、
評価はほぼ100%保ってるんですけどね。

一方、前述の厄介な客を相手にしたところで、
評価は97,8%はキープできます。

というわけで私は97,8%の方を狙っています。


今人気のせどりブログは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする