発送してからキャンセル

この記事は1分で読めます

2012年12月からメルマガの配信を開始しています。
メルマガ登録特典として期間限定で
「最近売れたリスト15」(解説付き)もプレゼントしています。
メルマガ限定の情報もあるので是非ご登録ください。

⇒登録はこちら

先日、発送し通知も送ってからキャンセル依頼が来ました。
発送を中止し手続きしろと何様かという依頼です。

文面の雰囲気からもう送ったから返品扱いになるとして
返送と配送料はそっち負担だと当たり前の事を言っても
通じないと思ったので即座にヤマトに連絡し差し止め。

配送料がかからなかったので
そのまま商品を回収して返金して終了です。

なおAmazonの規定では
発送後のキャンセル依頼に対しては

商品の発送後にキャンセルを依頼された場合、
出荷通知を送信したうえで、
商品が発送済みである旨を購入者に伝え、
商品の返品を依頼してください。
商品が問題なく返品されたことを確認したら代金を返金してください。
配送料の負担など、
返金の詳細については購入者と出品者で話し合いのうえ、
決定してください。

こういう曖昧な事しか書いておらず、
配送料が購入者負担だと明言されていません。

さすがにそれは明言してくれよ!って感じです。

なので下手すると揉めます。

そもそも発送してからキャンセルとか
普通に考えて何を考えているんだ?っていう話なんですけどね。

その上でふてぶてしい相手って言うのは必ずいるので。

間違って買ったから返品しますというのは過去にもありました。
しかし発送を中止する手続きを依頼してきたのは初めてです。

本当にまだまだ未経験の厄介なケースは起こり得ます。
なるべく面倒が起らないように対処したいところですが、
それを突き詰めるとこっちが損をするわけで…。

時と場合によっては
数百円の損で面倒事を回避したと考えた方がマシな事もありますね。


今人気のせどりブログは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2013 05.07

    GWは…

  2. 2012 08.10

    旅行中に

  3. 2014 01.03

    2014年

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

名前:はじめ。85年生まれ。大卒→専門学校進学を経て就職したものの、入社半年も経たずにうつ病になり退職。以降、再就職はおろかバイトにすら採用されず失望の日々を過ごす。そんな中、ふとした拍子にネットビジネスの事を知り、どうせ失うものは何もないのだからと「せどり」に挑戦。現在は月に40~50万前後の売上をキープしています。

プロフィール

ご質問、ご相談はこちらから お気軽にご連絡ください!

お問い合わせはこちら

メルマガスタート!

最新情報を無料メルマガにてお届けしております!

登録特典「売れたリスト15(解説付)無料プレゼント!

メルマガ登録はこちら

検索ツールの決定版