新品にプレミア価格つける場合の落とし穴

2013年12月からメルマガの配信を開始しています。
メルマガ登録特典として期間限定で
「最近売れたリスト15」(解説付き)もプレゼントしています。
メルマガ限定の情報もあるので是非ご登録ください。

⇒登録はこちら

CDだとあんまり無いですが(後述します)
本や雑誌だと発売直後にプレミアになった商品に対して
未開封であっても「ほぼ新品」か「非常に良い」で出すのが一般的です。

これ新品で定価じゃない価格で出してしまうと再販制度に引っかかって問題になってしまうからなんですね。

Amazonの在庫が無いなら新品は自由に価格をつけられるけど
再販期間中の新品の和書とCDは例外などと書かれています。

で、CDの方なんですが、再販制度が適用されるのはCDだけです。
CDのみのCD商品には裏に再販期間がいつまでか書いてあります。

これを越える前に例えば初回盤などが高騰した場合でも
新品で出すと違反になります。

ただDVDは適用外だし、DVD付CDも適用外です。
いわゆる初回盤DVD付というのが現状多いのでさほど問題ではないのですが、
たまにボーナスCD付初回盤とかDVDのつかない初回盤があります。
こういうのを新品せどりして「新品」でプレミア価格やると、
最悪の場合、ライバル出品者に通報されて潰される可能性も出てきます。


今人気のせどりブログは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする