ヤフオクでありがちなトラブル

2013年12月からメルマガの配信を開始しています。
メルマガ登録特典として期間限定で
「最近売れたリスト15」(解説付き)もプレゼントしています。
メルマガ限定の情報もあるので是非ご登録ください。

⇒登録はこちら

Amazonの購入者優位なルールと違って、
ヤフオクは平和な印象がありましたが、
やはりトラブルというのは起こります。

多いのが連絡がつかずに取引にならないパターンです。

これは何度かありました。

大概は評価が無い新規か、
評価の少ない相手です。

ヤフオクでは「入札者評価制限」があります。

ヤフオクでは購入者にも評価がつきますので、
これがマイナスになっていたり、
悪い評価の割合が20%未満じゃない相手ははじくことができる機能です。

当初は別に意識していなかったのですが、
何度か無しになった取引があったので、
順次「入札者評価制限」にチェックを入れるようになりました。

先日あった1番酷い例では
取引ナビで連絡をしたら、
5分程度で
すぐに発送先住所が送られてきた相手でした。

この時点でこの取引相手、
悪い評価がかなり多かったんですが、
まだいい評価の方が多かったのです。

ところが一向に入金されません。

この間に他の取引もどんどん踏み倒したらしく、
この取引相手の評価はあっという間にゼロになってしまいました。

とりあえず6日待って、
明日までに入金が確認できないならキャンセルにすると通達しました。

そこでなんと「来週の金曜までに振り込む」と、
これまた5分で返信が…。

しかしこの間に、
この取引相手の評価はついにマイナスに突入。
それどころかわずか数日で-20近くにまでなってしまいました。
どんだけこの1,2週間で取引無視をしまくったのでしょうか…。

当たり前のように金曜まで振込が無いので、
約束通り、キャンセルしようと思ったら…。

「このIDは登録削除済み」

前日どころかこの日の朝まではアカウント生きてたんですけどね。
あまりのマイナス評価の累積っぷりにヤフーに強制削除されたのか逃げたのか…。

こうなった場合、形式的に落札者削除を行い、
取引を完全破棄した上で再出品です。

1度は送り先住所まで示してきただけにタチの悪い相手でした。

今回のような相手は
前述の「入札者評価制限」にチェックを入れておけば
はじくことが出来ます。

デフォでチェック入れておいた方がいいなと実感しました。


今人気のせどりブログは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする