盤面じゃなくてレーベル面のキズや汚れはどうする?

2013年12月からメルマガの配信を開始しています。
メルマガ登録特典として期間限定で
「最近売れたリスト15」(解説付き)もプレゼントしています。
メルマガ限定の情報もあるので是非ご登録ください。

⇒登録はこちら

ディスク系においては盤面の傷の状態がやはり1番気にかかるところです。
ところがディスクのデザインによってはレーベル面の傷が目立つことがあります。

典型的なのがCD盤面と同じようなミラー系の素材になっているレーベル面です。
これはちょっと引っ掻いただけで盤面同様の傷が付きますし、
指が触れる場所にはたやすく指紋がつきまくります。

このレーベル面が汚れや傷だらけになっていて、
CD盤面はピッカピカで綺麗なんてこともあります。

これに「非常に良い」はちょっとつけ難い所があります。
開けた瞬間に目に入りますし。

またミラー系ではない素材であっても、
こびりついた指紋跡含めた汚れ(カビ?)が目立つこともあります。
液晶用のクリーナーで拭いてもあまり効果が無かったりします。

これらの状況の場合、レーベル面を青用、しつこい場合は白用の研磨パッドで研磨すると
けっこう綺麗になったりします。

一応SIMO-R1の説明書的にはレーベル面はダメということになってます。
しかし1回だけならそこそこの効果が見込めます。

注意としてはしっかり留めないと、盤面が擦れ跡だらけになります。

また青では大丈夫ですが、白を使う場合重要なのは何度もやるのは厳禁です。

というのもCDの構造上、実は盤面よりもレーベル面の方が記録層に近いので、
削りすぎると再生不能になるかもしれないからです。

またレーベル面を研磨する場合は色のある部分を削っているので、
ミラータイプ以外は1発で研磨パッドが真っ黒になります(赤いレーベルなら真っ赤、青なら真っ青です)。

あくまで汚れがひどくてどうしようもない時のみ、
最終手段として考えた方がいいでしょうね。

あとレーベル面と盤面で同じ場所に同じ形の傷がある場合、
再生自体は問題ないことが多いですが、
傷自体は貫通していますので薄く見える傷でも絶対に消えません。

この場合、研磨しても無駄なので、むしろ再生できるかを確認しましょう。


今人気のせどりブログは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする