露骨な返品依頼

2013年12月からメルマガの配信を開始しています。
メルマガ登録特典として期間限定で
「最近売れたリスト15」(解説付き)もプレゼントしています。
メルマガ限定の情報もあるので是非ご登録ください。

⇒登録はこちら

Amazonでは一方的な評価システムなどから購入者が圧倒的に強いので、
その気になれば適当なイチャモンをつけて返品返金を要求することも可能です。

要するに音源だけ欲しいので「購入→録音→返品」で購入資金を回収するギリギリの手法です。

今回は実に露骨な返品依頼でした。

理由が「不要になったから」というあからさまなものでした。

当然こんなのは完全な購入者都合になりますので、
こちらが返送料や配送料を負担する必要は皆無ですし、
理由が理由だけに堂々それを言えます。

返送料/配送料ともにお客様負担になり、
商品代金のみの返金になる旨を伝えたところ、
「やっぱ返品辞めます」とのこと。

トラブルの類としてはこちら側に非が無いため、
迷いも無く対処しやすいケースでした。

これでキズが!汚れが!と主観的なクレーム入りにされると一気に困るんですよね。
ある意味素直な相手で良かったのかも?

あとFBA相手だと販売者とのやり取りが無く、
機械的にこれで通ってしまうと思われ、
しかも配送料がかかってないので、全額返金を受け取れるはずです。
返送料の判定が微妙ですが。

FBAで同様の手口で「購入→録音→返品」で資金回収をしたことのある人だったのかもしれませんね。


今人気のせどりブログは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする