支払い云々の問い合わせ

この記事は2分で読めます

2013年12月からメルマガの配信を開始しています。
メルマガ登録特典として期間限定で
「最近売れたリスト15」(解説付き)もプレゼントしています。
メルマガ限定の情報もあるので是非ご登録ください。

⇒登録はこちら

「支払期限を過ぎてしまいました」
「支払ったのにステータスが未払いのままです」

など支払い関連の問い合わせが来ることがたまにあります。

Amazonにおいては支払い関連はAmazonを通して行っているので、
出品者サイドは回答しようがありません。

コンビニ払い設定なども1クリックですが、
実際にはケータイのiD支払いとかも含まれますし、
どのような手順を踏んで支払うのか、
全ての支払い方法を実際にやったことがある人はあまりいないと思います。

それゆえ分からないわけです。

こういった質問は基本的にはAmazonに問い合わせるようにお伝えするのがベストです。

しかもこれらの問い合わせってそもそも相手がまだ分かってないんですよ。
注文が確定していないのでこちらには情報が開示されていないんです。

問い合わせがあって初めて「この人が購入(しようとしている)者なのか」と分かるわけです。

なので「注文番号」が紐づけされていない場合だと
最悪何を買おうとしている人なのかすら分かりません。

そしてタイムラグによる早とちりであるケースもまた多々あります。

先にあげた2つもそうです。

「支払期限を過ぎてしまいました」

→これはコンビニ払いのケースですが、
支払い期限を過ぎた場合は自動でキャンセルになります。
こっちサイドでは保留中扱いだった商品が自動で再出品されます。
よって放っておけばいいのですが、
購入者サイドで支払い期限が切れてから、
保留解除になるまでにタイムラグがあります。

なので上記の問い合わせを受けた際に、
まだ保留中である事があります。

焦ってキャンセル処理を手動実行しますと
手動で別途再出品しなきゃいけなかったり面倒なので待った方がベターです。

「支払ったのにステータスが未払いのままです」

→これも同様で、一定以上の時間が経過しないと注文確定になりません。
なので支払い過程でミスが発生したのか、単なる早とちりなのかは
しばらく経たないと判明しません。

これまた焦ってあれこれ素早く返信するとややこしくなるので、
1,2時間待った方がベターです。


今人気のせどりブログは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

名前:はじめ。85年生まれ。大卒→専門学校進学を経て就職したものの、入社半年も経たずにうつ病になり退職。以降、再就職はおろかバイトにすら採用されず失望の日々を過ごす。そんな中、ふとした拍子にネットビジネスの事を知り、どうせ失うものは何もないのだからと「せどり」に挑戦。現在は月に40~50万前後の売上をキープしています。

プロフィール

ご質問、ご相談はこちらから お気軽にご連絡ください!

お問い合わせはこちら

メルマガスタート!

最新情報を無料メルマガにてお届けしております!

登録特典「売れたリスト15(解説付)無料プレゼント!

メルマガ登録はこちら

検索ツールの決定版