久々の紛失…未遂

2013年12月からメルマガの配信を開始しています。
メルマガ登録特典として期間限定で
「最近売れたリスト15」(解説付き)もプレゼントしています。
メルマガ限定の情報もあるので是非ご登録ください。

⇒登録はこちら

メール便紛失は稀におきます。
年間1,2件程度ですけどね。

今回は12月4日に送った品が8日に届かないというものでした。

…?

ちょっとそれは気が早すぎるんじゃないか?と思ったんですが、
購入者がヤマトに問い合わせたらしく、
ヤマト側にもういらないから返金扱いにしろと言ったらしく、その対応をどうするのかと
こちらに電話してきたのでした。

なので、たかが4日程度であれば
どこかに行ってしまったメール便でも見つかる可能性もあるし、
もう少し待ってくれということになるんですが…。

これでは待てとは言えないので返金対応をしなくてはいけません。

即座に返金対応をしました。

この購入者、この時点でかなり気の早い方だという事が分かるんですが、
その後もそうでした。

返金処理は即座に行われるわけではなく、タイムラグが生じますし、
クレジットカードへの返金も当然翌営業日です。

真夜中にいきなりAmazonから入金されるとか普通に考えたら無さそうだと思うところなのですが…。

翌朝のメール3連発

朝6:30、朝7:00、朝7:15
と、短い時間に返金処理の進行に関する問い合わせが連発されていました。
この間にステータスが反映されたようで、3通目は「終わりました、お騒がせしました」というもの。

私が起きたのはこの後だったので起きたらなんか勝手に終わっていました(苦笑)

そしてその2日後、こちらに商品が戻ってきました。

ヤマトによれば相手が届かないと問い合わせてきた翌日にヤマトに届いたそうです。
相手はもういらないと言っているので差し止め扱いとなり、
そのまま返送されてきた、ということです。

要するに紛失ではなかったのですが、
購入者が早とちりでヤマトに問い合わせ、
もういらない!と返金要求をしてしまっただけの話でした。

対応をした現地のヤマトの人もちょっと変わった相手だと言っていたそうですが、
それでもしっかり対応してくれたので
最悪のケースである「返金後、到着して無料で持っていかれる」は回避できたので
こちらとしては良かったです。


今人気のせどりブログは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. Mayhem より:

    お久しぶりです。

    だいぶ前に、似たようなことがありました。

    朝7時前に注文が入り、
    その後2時間おきぐらいに
    「どのような発送方法なのか」
    「いつ発送するのか」
    というメールが矢継ぎ早に来て、
    最終的には
    「連絡がないので、キャンセルします」
    というメールが14時頃に来たんですが、
    その日にPCを立ち上げたのは15時頃だったので、
    知らないうちにすべてが終わっていました。

    • はじめ より:

      お久しぶりです。

      うわぁ、それもなかなか強烈ですね(苦笑)

      こういうメールを寄越す方というのは24時間常駐でPCの前に係員が待機している、
      そんな風に考えているんでしょうか。

      私の場合は一応発送方法と通常時の発送目安はコメント等で表記していますが、
      たまに…何も読んでないでしょ…?っていう質問もあります。