トラブル編3:メールが届かない

通常の場合だと
メールが届かなくても、
商品が無事に届けばさほど問題ありません。

しかし以前も触れたように
商品が戻ってきてしまうなど
何らかのトラブルが発生した場合は、
購入者さんとのメールのやり取りが必要になってきます。

AmazonではAmazon側がメールの履歴を管理することで
トラブルが発生した際にやり取りを確認することができるように
Amazon上だけで使える匿名メールアドレスを割り振っています。

なので、購入者さんも出品者も
お互いの本当のアドレスを知らないまま
やり取りしています。

そしてこのメールはAmazonに登録したメールアドレスに
届くようになっています。
そのまま自分のメールソフトから返信も可能です。
なので購入者さんとしては匿名アドレスを使っている意識が無いまま
やり取りをしていることになります。

また「メールが届かない」ということは実際には無く、
Amazonアカウント内のメール管理機能上には届いています

しかしその存在を知らない購入者さんも多く、
自分のメールアドレスに届かない時点で気づかないという状態に陥ります。

そういう意味での「届かない」パターンは以下の2つです。

メールアドレスが間違えている

登録しているメールアドレスが間違えている場合、
要するに送ったメールがはじかれた場合ですね。

Amazonからメールを送ると、「~~様へのEメール」という
送信相手とその内容が書かれたメールがこちらにも届きます。

ですがこの場合は送信側に
「Amazonマーケッ​トプレイスへのEメー​ルについて」
という不着を知らせるメールが代わりに届きます。

この場合Amazonからの他のメールも全て届いていないことになるわけで
購入者さんがAmazonアカウント内のメール管理機能を知らない限り、
完全な一方通行になってしまいます。

迷惑メール扱いされる

この場合は「届いた」ことにはなるので
「Amazonマーケッ​トプレイスへのEメー​ルについて」
にはならないはずです。

しかし迷惑メールフォルダなんて
頻繁にチェックしないので
やはり一方通行になってしまう可能性は高いです。

実際に合った事例

出品者への連絡自体はメール管理機能を知らなくても
「出品者へ連絡」という欄さえ探し出せば送ることが可能です。

これによりこんなメールが届いたことがあります。

注文したのにまだ支払いのメールが来てません。
早く手に入れたいのにこれでは支払いもできません。
早くメールしてください。

支払いのメールはそもそも出品者が出すものではありません。
メールアドレスの登録を間違えているのか、
迷惑メールになっているのか…
とにかくAmazonからのメール全てが届いていないようでした。

この方は直接自分のメールアドレスを本文に掲載していました。
しかしAmazonのメール内ではアドレスの類は自動消去されてしまいます。

なので、メールアドレスの不備があるのではないでしょうか?
といったほぼ読まれないであろうメールを返す事しかできませんでした。

返事は無かったので、やはり何とか「出品者へ連絡」の欄だけ
探し出してメールしたものの、メール管理機能を知らなかったのでしょう。

完全な一方通行同士のやり取りでした。
結局、支払期限切れでこの注文は自動キャンセルになりました。

このようにメールが一方通行になってしまうといったトラブルは
わりかし起こりやすいです。

具体的にどうするもこうするも、
ぶっちゃけどうしようもないのですが(汗)、
こういうこともあるんだと知っておいて損はありません。


今人気のせどりブログは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする