売れる商品って公開すべき?

売れる商品を公開するとどうなるか…

売れる商品は公開すべき?

CDせどりを続けていれば
自分だけの売れ筋回転商品みたいなものを見つけるようになります。
他のせどらーはまだ気づいていないような。

当然読者の多いブログで紹介する程
多くの人に知られてしまうのであっという間に飽和します。
特に「見つけやすいけど知られてない」商品の場合は一瞬です。

私がよく見ていたブログでも、
かつてバンバン紹介してしましたが、
最近は紹介しなくなりました。

その方は圧倒的に読者数が増えてしまったので、
末期は紹介するともう即その商品終了!でした。

分かりやすいところでは
2010年の嵐です。
「Monster」というシングルまでは物凄いレア化したんですね。
当時ほどではありませんが今でもけっこういい値段です。

なので嵐は確実だと広まって、次のシングル以降、
新品を大量に仕入れるせどらーが増大しました。
結果、発売直後の「新品」出品者数が増加し、
ギャグみたいな光景になりました。

ちなみにその次のシングル「To be free」は
最初から定価以下で飽和したまま初回盤も1円へと一直線でした。

それでも嵐に夢を見ているせどらーは絶えず、
今でも新品出品が飽和しています。
リアル店頭では予約で完売して
嵐の初回盤は入手困難という一般認識は今も変わっていません。

ですが、あまりに出品が多いので値段がさっぱり上がりません…。
「失敗」に気づいた出品者は
少しでもダメージを減らそうと売り抜けようとして
熾烈な値下げ合戦を繰り広げるからです。

当時の私は初心者せどらーでしたが
諸先輩せどらーさん達が何で同じ失敗を繰り返し続けるのか謎でした。
今でも謎ですが、割と流れに乗るだけで考えてない人が多いのかもしれません。
そこに勝機があるかもと思ったのを記憶しています。

話を戻します。
ここのような弱小ブログでは紹介したところで
まだ影響はないでしょう。

例えばサザンオールスターズのアルバム未収録シングル
「HOTEL PACIFIC」「DIRTY OLD MAN~さらば夏よ~」
105円シングルコーナーの常連ですが、
今は即売れで軽い利益取れるくらいになってます!
なんて書いたところでたぶん影響はないでしょう(それはそれでどうなのか…)。

ですがそこそこの規模のところが書くともう出品数が凄いことになります。
それでも回転しているうちはいいんですが…
何も考えずに飛び込んでくるせどらーが増えれば飽和します。

最近だと福山雅治の90年代のアルバムがいい例です。
それまで完全に「終わっていた」状態だったので
ほとんどのせどらーは店にあってもスルーしていたと思います。

ところが昨年のシングル「家族になろうよ」がロングヒット。
その過程で旧作のランキングが常に1万前後まで上昇
結果、250円仕入れで2000円くらいで売れる状態になりました。

今年に入って飽和状態へ陥っていき、
現在は半分くらいが1円に戻ってしまい、
残っているものも数百円レベルです。

いずれにせよ放っておいても
よほどのレア商品でない限り誰かバラします。
だからといってある程度の影響力ある方が
ホイホイと明かしまくるのも
個人的にはどうかと思いますが(笑)
どうせいつかバレるなら
いかにバレる前に辿りつけるかどうか?
そこに注力したいところです。

どうやったら辿りつけるか?ということころですが、
前述のサザン、福山雅治の例にもあるように
パターンの1つとして

終わっていた商品の価値の復活

が、あります。

どれもこれも1円ラッシュでせどらーなら
誰もがスルーするようなアーティスト。
そこにチャンスがあったりもするのです。


今人気のせどりブログは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする