どこまで再生できるか?

この記事は1分で読めます

音飛びは意外としないけど思いもよらないところでします

傷だらけでも再生は可能

傷だらけのCDはどこまで再生できるでしょうか?
案外傷だらけでも問題なく再生できるものです。
例えば図書館でCDを借りてくるとたいていメッタメタです。
もう光の加減とか無関係に無数の傷だらけです。
とても再生できるようには思えないですが、普通に再生してしまいます。

基本的にはあまりに傷が深すぎると音が飛びます。
傷だらけというのは案外個々のダメージは小さかったりして大丈夫だけど
1箇所しか傷が無いCDが飛んだりはします。

見極めはなかなか難しいですが、
仕入れたCDをいちいち全部再生チェックしていたら時間が足りません。
だいたい感覚で判断することになります。
少なくとも傷が深すぎる場合は店が買い取る時に拒否っているはずですし、
見落とされて店頭に並び、さらにそれを引き当てる可能性はそんなに高くありません。

危ないかなと思うCDに当たった場合は、
105円や250円程度の仕入れであれば出品を止めてしまうこともあります。


今人気のせどりブログは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2012 11.09

    リサーチ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

名前:はじめ。85年生まれ。大卒→専門学校進学を経て就職したものの、入社半年も経たずにうつ病になり退職。以降、再就職はおろかバイトにすら採用されず失望の日々を過ごす。そんな中、ふとした拍子にネットビジネスの事を知り、どうせ失うものは何もないのだからと「せどり」に挑戦。現在は月に40~50万前後の売上をキープしています。

プロフィール

ご質問、ご相談はこちらから お気軽にご連絡ください!

お問い合わせはこちら

メルマガスタート!

最新情報を無料メルマガにてお届けしております!

登録特典「売れたリスト15(解説付)無料プレゼント!

メルマガ登録はこちら

検索ツールの決定版